トップ>>地域ニュース>>社会 サイトマップ >お問い合わせ
地域ニュース

謎の“微生物”、正体は結晶 岡山大大学院・公文教授ら確認

特殊な方法で薄く切った「ナノバクテリア」の電子顕微鏡像
写真拡大写真拡大
特殊な方法で薄く切った「ナノバクテリア」の電子顕微鏡像
公文裕巳教授
写真拡大写真拡大
公文裕巳教授

 生活習慣病などで石灰化した病巣で発見され、病気の原因となる“微生物”ではないかとされていた「ナノバクテリア」が、カルシウムの一種・アパタイトの結晶であり、酸化脂質が生成に関与していることを、岡山大大学院医歯薬学総合研究科の公文裕巳教授(泌尿器病態学)らの研究グループが突き止めた。成果は動脈硬化などの早期診断、治療法の開発へ応用が期待される。

 ナノバクテリアは直径200ナノメートル(ナノは10億分の1)程度で、細菌よりもはるかに小さく、ウイルスに近いサイズ。骨や歯の成分であるアパタイトの殻をまとい増殖するため、1997年にフィンランドの研究グループがその存在を報告して以来、謎の微生物として国際的な論争を呼んでいた。

 公文教授らは2004年、患者の尿路結石からナノバクテリアの分離に成功。試験管の中であたかも生物のように増殖することを確認したが、DNAは見つからなかった。

 今回の研究では、ナノバクテリアを特殊な方法で薄く切り、電子顕微鏡で解析したところ脂質膜のような構造を発見。酸化脂質を認識する特殊な抗体を用いて解析した結果、カルシウムと、主にカルシウムを結合する酸化脂質が何層も重なって表面が硬くなったアパタイトの結晶であることを突き止めた。

 この結晶化が連続的に起こることから、微生物の自己増殖に見えたという。またナノバクテリアは病気の原因ではなく結果であり、慢性炎症などにより酸化した脂質が、石灰化を誘発している可能性があると分析する。

 公文教授は「生活習慣病の診断や治療に応用していきたい」としている。成果は国際医学系雑誌の電子版に掲載された。


(2013/12/26 23:24)


 社会
旭川ダム工事の現実克明に (19:09)
  岡山県内、自損死亡事故相次ぐ (12:42)
GW期間中の列車犯罪防ごう (11:50)
原爆症認定却下で国に賠償命令 (4/23)
保育士養成で交流連携協定 (4/23)
岡山の病院情報

スポンサーリンク


最新ニュース一覧
HAC、7月から普通運賃値上げ
4路線
(19:47)
韓国船沈没、死者171人に
捜査拡大
(19:27)
あらためて会見、と長谷川穂積
3階級失敗で引退濃厚
(19:23)
ラグビー中村、藤田らが先発
日本代表の強化試合
(19:22)
西武の中村、25日に1軍復帰
背中の張りで出遅れ
(19:16)
商船三井の輸送船出港
中国が差し押さえ解除
(19:12)
写真G大阪宇佐美、26日にも復帰
左足痛め欠場
(19:11)
マウントゴックス破産
ビットコイン取引所
(19:11)
J2岐阜、3期ぶり黒字
恩田氏が新社長に就任
(19:06)
写真渡辺氏8億円問題は違法性認めず
みんな、全容解明程遠く
(19:04)
写真全日空、客室乗務員の制服刷新
10年ぶり、グレーに青
(19:01)
写真ゴルフ、国内初戦の石川は15位
つるやオープン第1R
(18:59)
写真柔道の内柴被告、懲役5年確定へ
女子部員に性的暴行
(18:58)
写真羽生「金メダルが希望の象徴に」
特派員協会で会見
(18:57)
日米政府、TPP協議を続行
担当相「課題残っている」
(18:54)
LCCのピーチ大量欠航
病欠で機長確保できず
(18:32)
シャルケ内田の契約延長へ
ドイツ専門誌が伝える
(18:17)
来年の大卒求人25%増
6年ぶり、中小がけん引
(17:58)
写真相撲、親子2代の快挙なるか
新入幕三賞狙う佐田の海
(17:56)
写真ヤフーとブックオフが提携
競売サイトの品ぞろえ強化
(17:55)

掲載の記事・写真及び、図版の無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。
Copyright © 1996 The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.