トップ>>地域ニュース>>社会 サイトマップ >お問い合わせ
地域ニュース

謎の“微生物”、正体は結晶 岡山大大学院・公文教授ら確認

特殊な方法で薄く切った「ナノバクテリア」の電子顕微鏡像
写真拡大写真拡大
特殊な方法で薄く切った「ナノバクテリア」の電子顕微鏡像
公文裕巳教授
写真拡大写真拡大
公文裕巳教授

 生活習慣病などで石灰化した病巣で発見され、病気の原因となる“微生物”ではないかとされていた「ナノバクテリア」が、カルシウムの一種・アパタイトの結晶であり、酸化脂質が生成に関与していることを、岡山大大学院医歯薬学総合研究科の公文裕巳教授(泌尿器病態学)らの研究グループが突き止めた。成果は動脈硬化などの早期診断、治療法の開発へ応用が期待される。

 ナノバクテリアは直径200ナノメートル(ナノは10億分の1)程度で、細菌よりもはるかに小さく、ウイルスに近いサイズ。骨や歯の成分であるアパタイトの殻をまとい増殖するため、1997年にフィンランドの研究グループがその存在を報告して以来、謎の微生物として国際的な論争を呼んでいた。

 公文教授らは2004年、患者の尿路結石からナノバクテリアの分離に成功。試験管の中であたかも生物のように増殖することを確認したが、DNAは見つからなかった。

 今回の研究では、ナノバクテリアを特殊な方法で薄く切り、電子顕微鏡で解析したところ脂質膜のような構造を発見。酸化脂質を認識する特殊な抗体を用いて解析した結果、カルシウムと、主にカルシウムを結合する酸化脂質が何層も重なって表面が硬くなったアパタイトの結晶であることを突き止めた。

 この結晶化が連続的に起こることから、微生物の自己増殖に見えたという。またナノバクテリアは病気の原因ではなく結果であり、慢性炎症などにより酸化した脂質が、石灰化を誘発している可能性があると分析する。

 公文教授は「生活習慣病の診断や治療に応用していきたい」としている。成果は国際医学系雑誌の電子版に掲載された。


(2013/12/26 23:24)


 社会
自転車盗最多はJR倉敷駅周辺 (9:22)
寄付1000万円を突破 (8:51)
創刊135年、地域に感謝 (4/19)
鏡野町で山の幸堪能 (4/19)
歩行者天国で踊りや演奏 (4/19)
岡山の病院情報

スポンサーリンク


最新ニュース一覧
東京六大学野球で東大70連敗
自らのリーグ記録に並ぶ
(14:14)
プロゴルフ、15歳最年少が優勝
勝みなみ、高1年のアマチュア
(14:12)
札幌のマンションでまた不審火
連続4件目、爆発音も
(13:56)
アイスホッケー、日本昇格できず
U―18世界選手権で4位
(13:54)
写真韓国船、新たに14遺体収容
捜索難航に家族ら不信
(13:44)
金正恩氏、人民軍集会で米韓非難
「朝鮮半島の平和脅かす」
(12:37)
写真米女子ゴルフ、野村7位
優勝はウィー
(12:26)
写真田沢、無失点で今季初勝利
松坂は昇格初登板で1失点
(12:03)
写真メッツの松坂は1回を1失点
ブレーブス戦
(11:55)
イチロー右翼で途中出場
レイズ戦
(11:53)
写真尖閣監視、早期警戒機部隊が発足
空自那覇基地
(11:36)
教委改革法案の一本化困難
自民実務者「修正難しい」
(11:29)
柔道 山本、末木らが優勝
ロシア・ジュニア国際
(11:05)
成田市職員、駅で女性に放尿逮捕
「降格処分で鬱憤」
(10:38)
写真ダルビッシュ、宿敵攻略に自信
次戦へ軽めに調整
(10:33)
写真サッカー、岡崎が13点で最多
欧州主要1部の日本選手
(10:30)
写真古屋公安委員長が靖国参拝
春季例大祭で、閣僚2人目 
(9:59)
写真米男子ゴルフ、石川22位に浮上
RBCヘリテージ第3R
(9:48)
米シニアゴルフ、井戸木は67位
G・グウィネット第2R
(8:54)
女子バレー、久光製薬が2連勝
アジア・クラブ選手権
(8:49)

掲載の記事・写真及び、図版の無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。
Copyright © 1996 The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.